カラーテスト/カウンセリング

道に迷ったとき、どうしますか?


* 地図を見る

* 誰かに聞く

* 直感を信じて突き進む


どれも正解です。

人それぞれに行きかた(生きかた)はあります

でも迷ったときに どう解決したらいいか

それを知るだけで スピーディーに劇的に

状況は変化します

リュッシャー・コンフリクトアナリシス

葛藤分析


1947年 

スイスの マックスリュッシャー博士によって作られたカラーテストです。


心理学に基づく 長年の研究データを基に

作られたこのカラーテストは

「オリジナルカラーテーブル」と呼ばれる

カラープレートを用いて行います。

手順に従って色を選ぶことで、客観的に

自分の心理状態を見ることができます。

リュッシャー4ベーシックカラーに

マゼンタを加えた5色を用いて

現在抱えている「問題」の根底を探ります


この5色から葛藤の原因(理由)を

明確にしながら、そこから解放されるためのアドバイスをいたします。

セッションでは、

データに基づいた客観的な分析から

心の中に宿っている

【揺れ動く気持ち】や【不安】の

根本や原因を見つけ出していきます

さらに対処のためのアドバイスをお伝えしながら

問題の改善や解決をスムーズに繋げやすくします。

色を見ることで湧き上がる感情から

「葛藤」「分析」することで

*どのようなことにストレスを感じやすいか

*その結果どのような行動を取りやすくなってしまうのか

それらをデータ化することで客観的に見ることができます。

また、自分のストレスや思考のパターンを

知ることで、セルフコントロールの方法を

見出すことができます。

スピリチュアルな要素を一切含まない、

心理学ベースに基づくデータによって

作られたテストで

ご自身を客観視してみませんか?



*診断 / カウンセリング料金*


60分  6,500円 

90分  10,000円

マックスリュッシャー博士(1923年~ ) 
スイス バーゼル出身
スイスの精神療法医。

スイスを代表する精神療法医として世界的に有名となっている。

「リュッシャー・カラーテスト」の発明者として世界に名を知られている。            ・・・ウィキペディアより

バーゼル大学を卒業後、ストックホルム、パリで研究を続け後に心理学の教授となる。

1947年にローザンヌで初めてカラーテストを発表。

このカラーテストは後に心理学者イアン・スコットにより英訳され世界27か国語に翻訳

世界的に広まり多くの心理学者や医者により研究されている。

選定された色や形を使い、各国で行なわれた研究データーを元に構成されている。